TOP > 特進コース(男女共学)

特進コース(男女共学)

◎目指す進路

国公立大学や難関私立大学の各学部

文系

経済・経営・商・法・社会・政策・文・心理・外国語・教育(文系教科)・幼児教育・体育・福祉などの各学部

理系

理・工・情報・教育(理系教科)・医・歯・薬の各学部、国公立大の看護・医療・栄養・生活科学などの各学部

◎特進コースの特徴

1 進路希望に応じた科目選択

特進コースでは、2年次より文系・理系に分かれ、さらに国公立型(5教科型)・私立型(3教科重点型)など、志望大学や志望分野の受験に応じた科目を重点的に選択することができます。

2 選択別・習熟度別の少人数授業

生徒一人一人が授業内容をしっかり把握できるよう、クラスの定員を30人程度とし、学習指導や進路指導をきめ細かく行います。さらに、国語・英語・数学などの習熟度別授業や理科・社会など選択科目の授業ではクラスをさらに分割し、1教室10~15程度の小グループで授業を受けます。

3 十分な授業時数の確保、自習室の開放と個別指導

平日の7時間目や土曜日の午前中を活用して授業時数を十分に確保し、基礎基本から応用力まで丁寧に教科指導を行います。また、放課後は19時まで自習室を開放しており、落ち着いた雰囲気で自学自習ができるほか、個別指導を受けることもできます。

4 各種講座と校内予備校の実施

平日の放課後や土曜日には、授業が無い時間を利用して各教科の進学講座があり、3年間を通じて大学受験に対応できる確かな学力を養います。さらに、校内予備校として、経験豊富な予備校講師による各種講座を設けています。  ※平日放課後、および土・日曜日のうち、授業や各種講座が無い時間帯には、部活動に参加することができます。

5 学習合宿の実施(春休み)

新2・3年次の春休みには、国立淡路青少年交流の家で大学受験に向けた学習合宿を実施しています。合宿では、クラスの仲間と生活を共にしながら、午前・午後・夕食後の3回に分けて授業や自学自習に取り組みます。この合宿によって、集中して学習する習慣が身につき、新学年に向けて一足早く学習のスタートを切ることができます。

◎特進コースのカリキュラム

「平成31年度入学生 特進コース教育課程(案)」